ひがし 第6号

令和2年8月24日発行

2学期も新しい生活様式で

夏休みとしては異例の短さであった16日間でした。ただでさえ喪失感が強い夏休みの終了ですが、今年は一層その感が強いでしょう。短い上に、旅行などの活動に制限が多く、充実感を感じにくかったかもしれません。しかし、終わったことをいくら悔いても、夏休みは戻ってきません。気持ちを切り替えて、学校がある生活リズムに戻していくことが、充実した2学期にするために必要です。ご家庭での声かけ等、ご支援をお願いします。休業中、大きな事故や事件の報告もなく、始業式に全員の元気な顔を見ることができました。これも児童の努力に加え、保護者の皆様の注意喚起があったからでしょう。引き続き、安全への配慮をお願いします。・・・・

今月の掲載内容

  • 資源回収・奉仕作業
  • 2学期始業式
  • 9・10月の行事予定

ひがし 第6号(PDF版)ダウンロード


ひがし 第5号

令和2年8月7日発行

1学期を終えて

3ヶ月間という異例の休業期間を経て再開された1学期でした。コロナ感染症対策を常に頭に置き、学習や学校生活を見直しました。何ができて何ができないか、どのようなリスクが予想されるか、時にはリスクを考えて実施することもありました。前例もありません。限られた条件の下で最大の学習効果を目指しました。子供たちの学習意欲としても、よくない条件がそろっていました。行事はほとんどなく、びっちり授業時間が確保されていました。例年の1学期終了より2週間も長く設定されていました。エアコンが効いているとはいえ、暑い中マスクをつけていること、仲良く遊びたくてもソーシャルディスタンスをとらなければならないこと等、たくさんのストレスが子供たちにはあったことでしょう。・・・・

今月の掲載内容

  • リレー会・縦割り活動
  • 地域のもの・人・ことに学ぶ
  • 8・9月の行事予定

ひがし 第5号(PDF版)ダウンロード


ひがし 第4号

令和2年7月1日発行

あいさつ

学校を再開して一ヶ月と少しですが、もう夏です。感染防止のためのマスクも、熱中症の危険性を考慮しながら着脱しています。今年度は教室にエアコンが完備されているため、暑くて耐えられないことはないのですが、8月7日まで1学期が続くことや夏休みが短いことなど、子供たちにとっては気分がのらないこともあるでしょう。そんな中でも、子供たちはがんばり、ほとんど欠席もなく登校しています。
 毎日、玄関先で全児童に朝のあいさつをしようと取り組んでいます。学校再開当初は、「おはようございます」とあいさつをしても、なかなか声が聞こえませんでした。次第にあいさつをかえしてくる子や遠くからでも進んであいさつする子がでてきました。・・・・

 

 

今月の掲載内容

  • あいさつ
  • 一つ上をめざして
  • 7月の行事予定

ひがし 第4号(PDF版)ダウンロード


ひがし 第3号

令和2年6月1日発行

学校再開 笑顔が戻ってきました

5月25日、2日間の試験登校を経て、本格的に学校が再開されました。3月からほぼ3ヶ月、これほど長い休業は経験がありません。学習や生活リズム等、子供たちにとって、長期にわたる影響は多大であったと推察します。よく頑張りました。その影響を少しでも緩和しようと、家庭訪問や登校する機会を設け、課題を課してきました。オンラインによる学習も模索しましたが、技術的・経済的問題が山積していました。奇しくも、「教育」「学校」というものを改めて見直す機会となりました。この休業中はできませんでしたが、今後オンラインによる学習が導入されてくるでしょう。とはいえ、学校での授業がなくなっていくことではありません。直接指導する価値、集団で学習する価値、学校に来たからこそ学べることは、たくさんあります。幸い、再開以降、ほとんど欠席もなく、元気な子供たちの声が聞こえます。笑顔がとてもいいです。・・・・

今月の掲載内容

  • 学校生活より
  • 6月の行事予定

ひがし 第3号(PDF版)ダウンロード


ひがし 第2号

令和2年5月12日発行

まず感染症対策、そして授業を、学びの集団作りを

5月12日現在、一部の県では学校が再開されましたが、国の緊急事態宣言は5月31日まで延長されています。緊急事態宣言が解除され、学校が再開されるという想定のもと、この文章を書いています。  3月2日の休校要請(伊豆市では3日から)以来、入学式・始業式での登校はありましたが、2ヶ月以上学校が休みという異例の状態が続いています。子供たちの学習や健康状態、ストレス、生活リズム等、多くの懸念材料があります。保護者の皆様におかれましても、同様の心配や苦労があったと推察します。・・・・

今月の掲載内容

  • 新型コロナウイルス感染症対策について
  • 入学式
  • 登下校の車での送迎について

ひがし 第2号(PDF版)ダウンロード


ひがし 第1号

令和2年4月7日発行

「安心して 学べる 生活できる 集団づくり」

お子様の入学や進級、おめでとうございます。1ヶ月ほどの休業を経ての始業式入学式となりましたが、様子はいかがだったでしょうか。保護者の皆様にも過分なご負担をおかけしたことと思います。そのような状況ではありますが、新1年生15名を迎え、全校児童89名で令和2年度の修善寺東小学校がスタートしました。本年度、本校校長を仰せつかりました堀江健司と申します。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

今月の掲載内容

  • 新型コロナウイルス感染症対策について
  • 教職員の紹介

ひがし 第1号(PDF版)ダウンロード