学校だより

ひがし 第13号

令和6年2月9日発行

新しい学年に向かう準備

2月のことを「如月(きさらぎ)」といいますが、何枚着込んでも、空気が肌を切るように冷たい日もまだまだあります。でも縮こまらずに草木を見上げて見てみてください。葉っぱが落ちきった枝の先に、まだ固いですが小さなつぼみが見られます。桜は花が散ってから少し経つと、次の年に花を咲かせる準備を始めるそうです。7月ころにはもう、花芽ができています。しかしすぐには花を咲かせません。寒い冬に花が咲かないよう、暑い夏から秋にかけて長い休みの期間に入ります。そして冬の寒い空気にさらされると、少しずつ眠りから目覚め、花芽は大きくなっていき、3月下旬ごろから開花が始まります。

東小向上プロジェクト

児童会の提案で、このような取組が行われました。①「じゃんけんで仲良くなろうプロジェクト」と②「登校グループあいさつ大作戦」です。・・・・

今月の掲載内容

  • 2月・3月の行事予定
  • 冬見つけ~城山散策~
  • 全校遊び

ひがし 第13号(PDF版)ダウンロード


ひがし 第11号

<h4...

学校だよりの最新号をみる